MUZZicianz Records頒布アルバム、DTM、イベントなどの告知等をお届けします。
MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
夏休みが明けたとたんに大量の仕事を捌いてたのでblogの更新が遅れました。

今回は、毎M3で頒布しているHPH(Happy POP Hardcore)シリーズに関して
お知らせします。

まず、タイトルですが今回もREBIRTH、REBORN、REACTと続くRシリーズとなります。
タイトルは【Hppy POP Hardcore REVOLT】です。
意味は【小規模な反乱】です。
何故、反乱なのかは下を読んで行けば分かるかと思います。
現在、ほぼ大まかな内容は決まりましてブラッシュアップを掛けている最中です。
予定通り10月の初旬には視聴クロスフェードをアップ出来るかと思います。

REACTの内容と異なる(反乱する)のは、よりクラブミュージックらしい楽曲を増やしています。
今までのスタンスよりも、もっとストイックでカッコイイ曲をお届けし、良い意味で裏切りたいとの思いで
REVOLTと命名しました。

前回の記事で【僕の考えるクラブミュージックとは何か?】と書きましたが
一言で言えばLOOP曲です。
音色の変更やリズムを抜き差しして変化を付けますが
同じフレーズ(コード進行)等が16小節(8小節や32小節等もあります)でLOOPする事です。

LOOP曲じゃ飽きちゃうよ。と思う方も居ると思いますが
同じフレーズを何度も聞いても飽きさせないように工夫しております。
自然と体でリズムを取っちゃう。そんな曲を多く収録予定です。
前回の記事でも記載してある通り、スマートフォン等の携帯再生機器で
聞く方が大半だと考えていますが、やはりクラブ等の大音量で聞ける場所で聞いて欲しいですね。

ただ、やはり大手サークルさんと比べれば、まだまだクオリティが低いのも重々承知しています。
少しでも良い曲をお届けしたいと常々考えていますし日々の勉強も怠っていません。
それでもクラブに聞きに来てくれた方には120%の全力でフロアを盛り上げたいと考えています。

宣伝ばかりで申し訳が無いと思っていますが
リスナーさんと一緒にクラブで自分の曲で盛り上がりたい!と言うのは
常に根底にありますので、僕のアルバムを買って頂いているリスナーさんには
是非、来週の土曜日の【D.S.Q】に遊びに来て頂きたいです!!

※D.S.Qに関してはコチラです!
http://twipla.jp/events/210924

当日は、上記に記載してある【僕の考えるクラブミュージックとは何か?】を踏まえた
秋M3のREVOLTに収録予定の楽曲、REBIRTH、REBORN、REACTからの選曲やネタ曲などを
交えてお届けします!

それでは、皆様、引き続き宜しくお願いします!
スポンサーサイト
MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
今回は、2016年の自分のスタイルに関して記述したいと思います。

先日のRTTFの告知文にて自分のアーティスト情報を掲載して頂きました。

こちらが紹介文

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*
2006年よりDJを開始。
幼少のからDiscoMusicを好み、EuroBeat、HyperTecho、Tranceと歩んで来た。
そのメロディアスなスタンスを引き継ぎ往年のDiscoMusicからHardcoreまで幅広くジャンルレスなDJを行う。
主にVocal物のAnthem系のHardcore、SaifamよりリリースされるEuroDance、Speed Danceを多用する。
また2012より同人サークルMUZZicianz Recordsを本格始動させ楽曲を制作を開始する。
上記プロフに記載してある通りVocal物を好む事からVocalサンプリングを多用した楽曲を得意とする。
その時に自身が感じたカッコ良さを求める事から確立されたスタイルを持たない。
ただしメロディアスな信条は常に根底にある。
2016年は、自身が求めるClubMusicとは何か?をモットーに活動中。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

2012年から楽曲制作を開始して、作り始めは曲を作るのが楽しくて
ジャンルを固定せず色々と作って来ました。
その後は、音楽ゲームのクリエイターさんとの交流も深まり
その影響で音楽ゲーム的なキャッチーな路線に走った事もありますが
自分自身、音楽ゲームを一切やりませんので、所謂、音ゲー曲の構成など
構築が出来る筈も無く、土台が若干、揺らいでいた時がありました。

そこで改めてRTTF13出演にあたり自分自身のスタイルを考え直した時に
上記、プロフの様にボーカルサンプリングを多用した楽曲をメインとしているのは
僕はDJで多く使用しているSaifamレーベルから発売している楽曲を多く聞いているからです。
Saifamレーベルは、楽曲の大半がカバー曲で僕の楽曲スタイルと近いしい内容となります。
そこに自分がDJをやる前から聞いていた【Happy Hardcore】のエッセンスを含んでいます。

クラブミュージックとは何か?と考えた時に
その時、その時の流行がありその流行を取り入れたスタイルと
上記Saifamスタイルを融合させたので僕が制作しているスタイルとなる訳です。
※僕の考えるクラブミュージックとは何かは次回の記事に掲載しようと思います。

ですので、スマホなどの携帯音楽プレイヤーで聞いても楽しめるのは
当然としてクラブで皆で楽しんで欲しい事が多く含まれています。

頒布枚数は大手様に比べれば、まだまだ少ないですが
それでも毎回購入して頂いているリピーターさんがいる事も確かです。

そのリピーターさんと一緒に楽しみたい。と言うのがD.S.Qと言う訳です。

購入して頂いている方へ感謝の意味も含め全力で盛り上げたいと考えていますので
CDを買った方で自分のプレイを一度も見た事無い方は是非、遊びに来て下さい!

D.S.Qに関してはコチラになります!
http://twipla.jp/events/210924
MUZZicianz Records代表 Takahiro Aokiです。
ようやく先日、梅雨が明け、夏本番と言う感じで毎日暑いですね。
そんな中、7/25(日)に浅草ステラで開催されたRTTF13に出演させて頂きました。
出演者全員がトラックメーカーでしたので非常に良い刺激になりました。

さて今回は、お知らせを2つほど。

まず1つめは毎年春秋に開催されるM3に当サークルも受かりました。
ブースは【う-09b】となりました。

今回も春M3同様に自分のソロ【Happy POP Hardcore】のRシリーズと
V.G.M(ビデオゲームミュージック)のアレンジです。アレンジ内容は【沙羅曼陀】Remixとなります。

まず前者のソロに関しては、現在、大方、方向性が決まっており
収録楽曲を取捨選択したり新規に追加したりしています。
方向性は前回とは大幅に異なりタイトルに反したストイックな楽曲が中心となります。
要は、クラブミュージックが大半と言う事です。
勿論、今まで購入して頂いた皆様にも楽しんで貰えるかと思いますので
新しい僕のスタイルを楽しみに待っていて下さい。

後者は、MUZZicianzの二次創作と言えばGradius系が中心と言う認識が
高まって来ましたので、今二次創作からGradiusアレンジを2017年秋M3まで続ける予定です。
その第一弾として【沙羅曼陀】の二次創作を制作します。
女神転生アレンジ、AfterBurnerアレンジで培ったDigtalRock要素を含み
全曲新規制作のハードコアアレンジしておりますので
Gradiusファンの皆様には期待にそえる内容となるかと思います。

2つ目は、僕が企画運営している同人音楽イベント【D.S.Q.】が
8/27(土)に浅草ステラにて15:00~開催します。
同人音楽のみ流れるんじゃ、知ってる曲も少ないし面白くないんじゃない。と思う方
それは間違いです(笑

あくまでも同人音楽が中心であり、各出演者がDJの間に自分の曲を流すと
言うイメージで考えて下さい。こちらから出演条件として提示しているのは
自分の曲を最低2曲以上、流す事を前提条件としていますので
以下のイベント告知詳細にDJと記載している出演者が上記スタイルであり
LivePAと記載しているのが全曲、自分の曲を使いDJを行うと言う事です。
フロアに居るお客さんの事を最優先に選曲をしますが
各出演者がやりたい放題にやると思うので、そちらの方も面白いかと思います。

イベント内容としましては、ガチガチのクラブイベントとは異なり
かなりアットホームな内容です。
このイベントをきっかくに交友関係が広まったり新たな発見をしたり出来ます。
浅草ステラで開催するホームパーティーと言う言葉が一番似合うかと思います。

僕が同時開催している【RisingGENERATION】と雰囲気が同じです。
余談ですが、このイベントをきっかけに結婚した方も居ますよ(笑

お酒を飲めない方にも楽しんで貰える様に【フリー駄菓子スペース】を
フロア内に設置しますので、寝転んで音楽を楽しめるのもD.S.Q.ならではと思います。
※ただしフロアの人数が多くなればスペースは撤去しますのでご安心を。
バーカウンターでは、ジェンガをやったりフロアもバーカウンターも両方、楽しめます。

また出演者のCDをその場で買えますので、お気に入りの楽曲があれば
是非、手に取ってください。
更に遊びに来て下さった方、限定の出演者のオリジナル音源のみのMixCDも
プレゼントいたします。

今回のゲストDJはRTTF RecordsのHyujiくんです。
Hyujiくんと言えばDancemania、Speed Danceと言うイメージが強いですが
この日の為にTranceセットをお届けする予定です。
これはかなりレアなDJなのでお見逃しの無いように!

それでは、長くなりましたが以下、イベント詳細となります。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

ここでしか聞けない音楽が、そこにある!
同人音楽に焦点をあて、参加サークルと遊びに来た皆様でひとつのイベントを作り上げ
新たな音楽、ジャンルの発見と気に入った音源をその場で手に入れられる
オールジャンルイベントDistinct Synthetic Quality!!Vol.04を浅草ステラにて開催!
今回のゲストは、KONAMI SoundVoltexに楽曲が収録されたRTTF Records Hyuji!

540428347835688.jpg

D.S.Q.とは
同人音楽に興味のある方、楽曲を制作してみたい方
CDを出してみたい方、音楽を発信したい人、発見したい人が
集うイベントです。DJは自分の曲を大音量で聞かせ
遊びに来た方は新たなクリエイターと楽曲の発見をスタンスとしています。
新しい横の繋がりを重視したイベントですので、初参加の方も気軽に参加出来ます。
当日は出演者の全員がオリジナル曲を2曲以上プレイする予定です。
気に入った音源があれば、声を掛けてあげて下さい。

僕自身は秋M3の新譜収録曲をいちはやく皆様にお届けします!

開催日:2016/08/27(SAT)
開催場所:浅草ステラ( http://asakusa.stella.ne.jp/ )
開催時間:15:00~20:00
※19:30:CD頒布終了
入場開始:14:50
参加費:1500円(1D)/ 高校生以下入場無料
※高校生以下の方は受付で学生証の提示をお願いします。
GENRE:Hardcore/Speed Dance/Hardstyle/DubStep/Trance/ElectroHouse/EDM/Anison


☆Guest DJ
Hyuji(RTTF Records)

223507439258164.jpg
最近はCDショップでもあまり見掛けなくなった、「ダンス」のコーナーに並べられた
オムニバスコンピの数々。そういったダンスコンピレーションシリーズに影響を受けて
様々な音楽に興味を持ち、そこから培われた幅広いジャンルと今では入手の難しくなった
貴重な楽曲群を武器に本州各地でクラブイベント出演を行う。
更に2012年7月には母校「岡山理科大学附属高等学校」で行われたオープンスクールにて
DJとスピーチを任された。
トラックメーカーとしても活動しており、KONAMI「SOUND VOLTEX」の公募合格を
勝ち取ったことも記憶に新しい。
また、最近はプロデュース活動に力を入れており、主宰レーベル「RTTF Records」から
リリースされるCDは絶大な人気を得ると共に、多方面からハイクオリティな楽曲を作る
アーティストをブッキングしてきたり海外ゲストの招致などで非常に評価が高い。
クラブイベント「Run to the Future」のオーガナイズも行っており
様々なフィールドを縦横無尽に駆け回るそのスタンスで新たな未来を切り開く。

★D.S.Q.レギュラーサークル
8 GROOVE RECORDS
2016年から活動開始したSOALARの個人サークル。
現在のリリースはHARDCOREのアルバムのみだが
他にもDRUM’N’BASS、TRANCEなど、様々なジャンルを展開していく予定。
聴く人もDJも楽しくがモットー。
ちなみに、中の人はゲーム取り上げられたら死ねるほどのゲーマー。

LunaticGate
2006年に活動開始。
LUNAと撫子の2人で活動。
UK Hardcoreを中心に主にハードコア系の楽曲を制作している。
ゲーム曲のリミックスではFFやロマサガ、東方Projectなどをリミックスしてきた。
2014年にはKONAMIの音楽ゲーム「SOUND VOLTEX」東方輝針城コンテストに
おいてLUNAのMist In Hellが採用された。

MUZZicianz Records
2010年より活動開始。2012年より本格的に楽曲制作、M3等の同人イベントへの参加を開始。
現在は、TakahiroAokiを中心にボーカルサンプルリングを多用したHardcoreを主に制作し
また往年のV.G.M(ビデオゲームミュージック)の二次創作も多く制作している。
2016年以降は、原点回帰を行い再びクラブサウンドを主眼として活動中である。
今回は同サークルより、DJ.Manbirds、Iranika、種付奉行が参戦!

Sound Period Records
2012年に響己が立ち上げた個人ネットレーベル。
2012年から2014年3月まで毎月1枚以上のEPやコンピレーションを
全て無料リリースしていた。現在、不定期ではあるがリミックスコンテストの開催や
主宰のソロアルバムをリリースする為のレーベルとなっている。

★Live PA's
Takahiro Aoki (From MUZZicianz Records)
そあらー (From 8 GROOVE RECORDS)
※LivePAとは自分が制作した曲のみでDJする事です。

★DJ's
Hyuji (From RTTF Records)
LUNA (From Lunatic Gate)
DJ.Manabirds (From MUZZicianz Records)
Iranika (From MUZZicianz Records)
種付奉行 (Ftrom From MUZZicianz Records)
Plastic Fruits (From Sound Period Records)

★VJ's
SO (ActiveWorks)
極楽鳥 (codex)

★Staff
がーちゅけ
*Flyer design Takahiro Aoki

ツイッターハッシュタグ→ #D_S_q

◆TimeTable
15:00~15:35 Plastic Fruits (ElectroHouse/EDM)
15:35~16:10 DJ.Manabirds (Trance)
16:10~16:45 そあらー (All Genre)
16:45~17:25 Iranika (DubStep)
17:25~18:05 Hyuji (Trance)
18:05~18:45 LUNA (CROSSOVER)
18:45~19:20 種付奉行 (Hardstyle)
19:20~20:00 Takahiro Aoki(Hardcore/Speed Dance)

★注意事項
■入場に関して年齢制限はありません。
■再入場は可能です。
外へ出る際は、手の甲へハンコを押させて頂きますので、再入場時、受付へ提示して下さい。
■即売会を開催するにあたり店内は比較的、明るめで開催します。
■飲食物の持込はできません。
■車やバイクで来た方の飲酒は禁止です。
■喫煙場所はフロア内に設置します。それ以外の場所での喫煙はご遠慮ください。
■貴重品の管理は各自でお願いします。盗難・紛失は一切の責任を負いかねます。
■参加者に迷惑となる行為をされた方には退場して頂く場合があります。
またそのような行為にあわれた場合は、お近くのスタッフまでご連絡ください。
■頒布CDを破損した場合は、そのCDを正規の値段で買い取って頂きます。

以上のルールが守れない方や他の参加者に対する危険行為等が
あった場合は退場の処置をとらせて頂く場合があります。ご了承ください。

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

以上、お知らせでした!
M3、D.S.Q.共にお待ちしておりますので
皆様、宜しくお願いします!
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 MUZZicianz Records all rights reserved.
FC2カウンター

プロフィール

MUZZicianz

Author:MUZZicianz
MUZZicianz Records
DTM(作曲等)
クラブイベント
に関する情報をお届けします!

当サークルは
Hardcore、House、EDM
V.G.M(レトロゲーム音楽)二次創作
を制作している同人音楽サークルです。

当サークルで扱っております
二次創作物は基本的に題材
となります各企業様および
関連会社様の公認作品では
ございません。
すべてサークル個人による
非公式の二次創作物となります。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

また当サークル頒布CDが
正常に再生されない場合は
お手数ですが下記アドレスへ
連絡お願い致します。
当方より再生可能なCDをお送り致します。

*コンタクト
t4k4h1r0@gmail.com


*Twitter

*SoundCloud

最新記事
検索フォーム

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

QRコード

QR

リンク