MUZZicianz Records頒布アルバム、DTM、イベントなどの告知等をお届けします。
MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
冬コミのマスタリング作業に追われ、blogの更新が遅れまして申し訳ありません。

前回の記事でお知らせした様に今回はリエディットに関して
書いて行こうと思います。

先日、とある小箱で、まさにリエディットされた曲が流れてまして
音源を使っていたDJさんは作曲に関しては行っておらず
たまたま、その音源が良いと思って使ってたと思いますが
DTMを少しでもやった事がある人間なら、あー再構築してるなぁーって
分かる音源を流していました。
批判では無く、逆に自分自身、凄い。と思った訳です。

大雑把に書きますと
90年代のハッピーハードコアの音圧に低さを改善させる為
キック、ベースを追加(これが意外と難しい)して、更に編曲構成も変わっていました。
この手法、その昔、自分にDTMを教えてくれた方も、これは使えるよ。
と言うのを思い出したりとDJ的にはかなり飛び道具になります。

ここまで読んでいる方の大抵はDAWを持っているはずなので、それを前提に書いていきます。

とにかく並び替えちゃえ
有名な曲であればあるほど、凄みを増しますが
その分、下手な事をすると、ダメージもでかいです(笑
音源をDAWに貼り付け、Aメロ、Bメロ、サビの順序を入れ替えてしまうだけです。
聞きなれた人は上記の順序で音が流れると確信している中
順序が入れ替わると、それだけで、あっ!となります。
本格的に作曲を始める前は、この手法で作った音源をDJによく使用していました。

Aメロ→Bメロ→サビ→間奏な曲を

Aメロ→Bメロ→サビ→サビ→間奏
Aメロ→Bメロ→間奏→サビ→間奏


聞き手を驚かす訳です。
ただ気を付けて欲しいのは、J-Pop的な流れを組む曲は
Aからサビまで一つの流れを取る事で曲として成り立つ場合が多く
入れ替えた事で、上流から下流へ流れる川が、途中で自然の法則に反した
逆戻りする様な違和感を起こし易いので、流れを聞きつつ構成を考えると良いです。

一つ例を出すと、有名なこれ


この曲はギターを弾く為の簡単な楽譜(タブ表)なんかを見ると非常に簡単なコード進行をしています。
タブ表はコレ→タブ表
コードなんてわかねーよ。と言う方、確かにその通りです。
要は、このAm→E→Gと言う流れがある個所を着目して繰り替えす事が出来るか否か
目で判断できる訳です。
※コードに関しては、今後、記述します。

色々と音楽を聴いて来た中、最近の洋楽は簡単なコード進行で構成されている曲が多いので
気になった曲があれば、タブ表を見て編曲の目安にすると良いと思います。

16小節に拘らず8小節で編曲したり4小節で編曲したり
勿論、1小節で編曲と言う荒業もありますが、荒業に関しては後日。
まずは、32、16、8小節で展開を入れ替えるから始めましょう。

勿論、最終的には自分の耳で聞いて気持ち悪いか否か確認してくださいね。

繰り返しますが、有名な曲であればあるほどパンチ力があるので
是非、DJさんかつ作曲を始めたいと思う方は使ってみてください。


次回は、とにかく伸ばしてみよう。
次々回は、とにかく乗せよう。
更にその次は、とにかく混ぜよう。

をアップして行きます。
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
http://muzzicianz.blog.fc2.com/tb.php/149-48f6458d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 MUZZicianz Records all rights reserved.
FC2カウンター

プロフィール

MUZZicianz

Author:MUZZicianz
MUZZicianz Records
DTM(作曲等)
クラブイベント
に関する情報をお届けします!

当サークルは
Hardcore、House、EDM
V.G.M(レトロゲーム音楽)二次創作
を制作している同人音楽サークルです。

当サークルで扱っております
二次創作物は基本的に題材
となります各企業様および
関連会社様の公認作品では
ございません。
すべてサークル個人による
非公式の二次創作物となります。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

また当サークル頒布CDが
正常に再生されない場合は
お手数ですが下記アドレスへ
連絡お願い致します。
当方より再生可能なCDをお送り致します。

*コンタクト
t4k4h1r0@gmail.com


*Twitter

*SoundCloud

最新記事
検索フォーム

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

QRコード

QR

リンク