MUZZicianz Records頒布アルバム、DTM、イベントなどの告知等をお届けします。
MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
今回も引き続き新譜情報に関して書きます。
セルフライナーノーツとは別です。

今回の新譜の楽曲完成がいつもよりも
前倒しで完成させたのは実は理由があります。

同人音楽で検索をかけていた所、『R3Magazine』なるサイトを
見つけ、そこで春M3新譜レビューの公募をやっておりました。
僕のアルバムを他の方がレビューして頂く事が今まで無かったので
応募してみると掲載して頂けるとの事でした!これは嬉しい!!
まずは、一番最初に完成した『REQUIEM FOR A PARTY』のみのお願いのつもりが
主催者の『タチやん様』が当blogを拝見して頂き3枚ある事の連絡を頂きましたので
お言葉に甘え新譜3枚のレビューを書いて頂ける事になりました。
非常に物腰が低く丁寧なやり取りをして頂き安心してお願いをする事が出来ました。

詳細ページは以下となります。
30b432ee39aca3c3ad8305c73bb26646.png
http://r3magazine.info/issues/r3magazinevol3/

しかもレビュー記事が冊子になるとの事で今から非常に楽しみにしています。
頒布先は『第二展示場 お-32b』です。

さて、新譜をもっと多くの方に知って貰う為に
Youtubeに主に同人系ハードコアを配信しているNihonEki様へ
今回の新譜より気に入った曲があればアップをお願いした所、1曲アップロードして頂けました!


ジャケットはNihonEki様に描いて頂きました!!これも嬉しいですね!!
丸々1曲アップロードされていますので新譜XFDと聞き比べて下さいね!

新譜ラストのセルフライナーノーツは当初の予定通り4/18(火)を予定しています。



MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
前回に引き続きセルフライナーノーツです。
今回は『NEMESISⅡ』です。

記事を読み飛ばし、取り敢えず視聴だけと言う方は
http://muzz.web.fc2.com/をご覧ください。

NEMESISⅡ
NEMESISⅡ

春M3のMUZZicianz Recordsの看板『V.G.M二次創作』アルバムは
GradiusⅡのアレンジアルバムです。
今までもグラⅡ(GradiusⅡ)の楽曲をアレンジして来ましたが
今回はグラⅡのみに焦点を当てています。
前回が沙羅曼陀に対してグラⅠはどうした?と聞こえて来そうですが
僕個人の思入れとしては沙羅曼陀→グラⅡ→グラⅢであり
グラⅠは、そんなに印象に残って無いんですよね…。
グラⅠに関してはアーケードよりもファミコン版の方が思い入れが強く
思い入れ順序ととして、グラⅠを加えるなら沙羅曼陀の前になります。
グラⅠに関してはいずれやりますので、そこは待っていてください。

何故にグラⅡのみに焦点を当てたかと言うと
当時、グラⅡのサントラ盤を聞いた感動を同人で表現したい気持ちが
ずっとありまして、そのグラⅡ愛を形にしたのが今アルバムの特徴です。
構想自体は、同人活動を始めた頃からあって、それをようやく具現化出来ました。
もしも、サントラ盤を持っている方がいたら聞き比べてくれると
より一層楽しめるかと思います。

また今回は今までの流れと異なりクラブユースよりもリスナーさん向けに
焦点を当てています。もしもDJで使う方がいたらごめんなさい…。凄い使い難いです…。
一気に駆け抜ける様に聞いて貰いたかったので収録時間も40分弱と少々短めです。
ファミコン版のグラⅡ曲もアレンジしてますので自分の中でのグラⅡベスト盤です。
オープニングとかエンディングとかは体力が続かなかったので制作出来ませんでしたが
流れ自体は崩れてませんので期待しててください。

グラⅡ関して語り出すと延々と書き続ける事が出来ますので
そこは割愛して本題の楽曲に関して書きます。

オススメは
Tr.2 Burning Heat
これはグラⅡを知ってる方なら外せない名曲ですよね!
原曲のカッコ良さを十分出せていると思います。

Tr.5 Synthetic Life
この面は、これぞ!グラディス!と言う感じがして
それに伴い曲も凄いカッコイイですよね。
オプションを食い込ませて触手を伸ばさせないようにしたのは
良い思い出です(笑
ハードコアの様な押し迫る雰囲気にアレンジしました。
この雰囲気を出すのに苦労しました(笑

Tr.11 The Old Stone Age
前半の重い雰囲気を上手く表現出来ました。
僕の楽曲には珍しく前半はリズム隊がいません。
後半のイオン砲連発時へ気分の上がり方は最高(自画自賛)です。

Tr.15 Shoot and Shoot
これは、ずっとアレンジしたかった曲です!
原曲自体が偉く短い曲なので、この曲自体も短いです。
中間要塞が合体して攻撃を仕掛けてくる感じが好きです。
サントラ版を何度リピートしたか分かりません(笑

と4曲ほど簡単に紹介しましたがグラⅡ曲は名曲揃いですので
僕のグラⅡ愛を感じ取って頂ければと思います。
とにかくテンションが上がります。MUZZicianz Recordsが送る
V.G.M二次創作のひとつの完成形と言っても良いかもしれません。

こちらは通常通り頒布枚数を予定していますので当日完売は無いはずです。
また委託品を手に取って頂ける方も多いので、そちらの分の在庫も確保しています。

タイトル : NEMESISⅡ
ジャンル:V.G.M
頒布場所:第一展示場 K-07b
頒布価格:1000JPY(イベント価格)
メディア: CD-R一枚組、スリムケース
ジャケットデザイン:玲奈くんさん
収録時間 : 39:07
型番:MUZZ065

Track List
01.Takahiro Aoki - Tabidachi (アーケード版 空中戦1)
02.Takahiro Aoki - Burning Heat (アーケード版 Stage1)
03.Takahiro Aoki - A Shooting Star (アーケード版 空中戦2)
04.Takahiro Aoki - Take Care! (アーケード版ボス)
05.Takahiro Aoki - Synthetic Life (アーケード版 Stage2)
06.Takahiro Aoki - Fortress (FC版 Stage2)
07.Takahiro Aoki - Crystal Word (アーケード版 Stage3)
08.Takahiro Aoki - Heavy Blow (FC版 Stage3)
09.Takahiro Aoki - Dead End (FC版 Stage3)
10.Takahiro Aoki - A Way Out of The Difficulty (アーケード版 Stage4)
11.Takahiro Aoki - The Old Stone Age (アーケード版 Stage5)
12.Takahiro Aoki - Maximum Speed (アーケード版 Stage6)
13.Takahiro Aoki - Fire Dragon (アーケード版ボスラッシュ)
14.Takahiro Aoki - Into Hostile Ship (アーケード版 Stage8)
15.Takahiro Aoki - Shoot and Shoot (アーケード版 中間要塞戦)
16.Takahiro Aoki - Over Heat (FC版 Stage6)
17.Takahiro Aoki - Something Ghostly (FC版 Stage7)
18.Takahiro Aoki - The Final Enemy (アーケード版 Stage8)

All Song,Mastering and Produce by Takahiro Aoki
Illustrated by 玲奈くんさん
All Right Reserved MUZZicianz Records 2017
MUZZ 065



新譜ラストの『Happy POP Hardcore 神風零式』のセルフライナーノーツは
4/17(月)頃を予定しています。

クリア目標なら2Wayミサイル選択ですよね??
MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
前回のblogでお知らせした通り、4/8(土)に新譜3枚の
視聴XFDをSoundCloudへアップしました。

記事を読み飛ばし、取り敢えず視聴だけと言う方は
http://muzz.web.fc2.com/をご覧ください。

今回から3枚のアルバムに関してのセルフライナーノーツを掲載して行きます。

REQUIEM FOR A PARTY
REQUIEM FOR A PARTY

2016年秋M3から僕のHouse系(BPM128前後)を制作する時に使う名義『Vanity』の
2枚目のソロアルバムです。
2016年10月から毎月第三金曜日に開催している『Butterfly's TRICK』に出演させて
頂いているのですが、パーティースタンスがHouse / EDMを中心としていまして
割と最近の楽曲を聞いて来ました。
その中でも自分の気に入ったスタイルを見つけては
色々と聞き漁り、そのスタイルを表現したのが今アルバムになります。

元々はHardcoreを作っている合間にHouse系統の楽曲を作り
2013年にミニアルバム『This is New House』(廃盤)をM3で少量頒布しました。
その流れを引き継いだのが昨年の秋M3で頒布した『Vanity』(現在は委託在庫分のみ)です。
こちらは現在、キャッチーと謳われているスタイルを取り入れずに
自分の引き出しから作ったアルバムです。
今回の新譜の特徴は前回と異なり現在のキャッチーと思われるスタンスを
多く取り入れた挑戦作です。
勿論、僕本来が持つキャッチーさも十分入っていますので、以前から手に取って
頂いている方も十分楽しめる内容になっております。

その中で自分がオススメする曲はTr.11とTr.12です。
Tr.11はゴリ押しするElectro Houseです。前半と後半でサビを変えてます。
前半はゴリ押しを前面に押し出し後半はメロディックな雰囲気に変えています。
Tr.12は得意とするボーカルサンプリングを使用したProgressive Houseです。
最後のサビに入る瞬間、グっと気分が上がるように作りました。
勿論、その他もオススメですが、視聴の際に『どれがオススメですか?』と聞かれたら
Tr.11とTr.12ですね。と回答します。
視聴XFDでは体験出来ませんので、是非、アルバムを手に取って聴いてください。
また昨年春M3で行ったショートエディット版を使用した『K-Shoot mania』用の譜面も
配布していますので、まずは遊んで見てくださいね!
※詳細は一番下に記載して在ります。
最後に今アルバムも前回の『Vanity』同様に少量頒布ですので
万が一無くなってしまいましたら、ご理解の程、宜しくお願いします。
(M3へ来られない方用の委託分は若干数用意してます。)

タイトル : REQUIEM FOR A PARTY
ジャンル:EDM / Electro House
頒布場所:第一展示場 K-07b
頒布価格:1000JPY(イベント価格)
メディア: CD-R一枚組、スリムケース
ジャケットデザイン:Takahiro Aoki
型番:MUZZ064

Track List
01.Vanity - ARENA (Club Edit)
02.Vanity - KOMIYA (Club Edit)
03.Vanity - REQUIEM FOR A PARTY (Club Edit)
04.Vanity vs Takahiro Aoki - Heat Beat Tonight (Club Edit)
05.Vanity - Underground Society (Club Edit)
06.Vanity - Ladys & Gentelman (Club Edit)
07.Vanity vs Takahiro Aoki - Feel All Right (Club Edit)
08.Vanity - Rock This Club (Club Edit)
09.Vanity - Deep Sea (Club Edit)
10.Vanity - Treason (Club Edit)
11.Vanity - Give what you take (Club Edit)
12.Takahiro Aoki vs Vanity - Daydream (Club Edit)
13.Takahiro Aoki - REVOLUTION (Vanity Remix)

All Song,Mastering and Produce by Takahiro Aoki
All Right Reserved MUZZicianz Records 2017
MUZZ 064

Tr.03、Tr.06、Tr.11、Tr.12のショートエディットを使用した
K-shoot maniaの譜面を無料公開中!
muzz.web.fc2.com/k-shoot_2017_m3_spring.html



二枚目のセルフライナーノーツは4/13(木)頃に公開します。
MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
いよいよ今月末M3ですね!新譜3枚を頒布する準備を進めております。
今までは当blogにて新譜情報を公開して来ましたが
blogを追うのが面倒な方も居るかと思いますので簡単でありますが
特設サイトを作りました。

http://muzz.web.fc2.com/
特設サイトを作るに当てってはR3Magazine様のニュースで掲載されていた
Swiftwebをお借りさせて頂きました。

新譜3枚のトラックリストは特設サイトへ公開しました。
メニュー内にある2017 M3 Springをクリックして頂ければ各新譜の情報が見れます。
視聴XFDが完成次第、当blogでもお知らせします。

さて、前回の記事で書きましたが有志の皆様に今回の新譜アルバム2種の
ショートエディット版を使用したK-Shoot maniaの譜面を作成して頂きました!
かなり無理難題を押し付けてしまいましたが、素晴らしい出来に感謝感激です!!
譜面のダウンロードは以下の画像をクリックすれば特設サイトへ行けます。

title-k-shoot.jpg


是非是非、僕の曲で遊んでください!
MUZZicianz Records Takahiro Aokiです。
新譜3枚目、ラストのジャケットが届きました。

Happy POP Hardcore 神風零式
HPHkamikaze0_CD表_s
illustrated by 『Aogi』
2014年から続いた『R』シリーズ(Rebirth、Reborn、Reboot、React、Revolt)とは別に
『良い意味で日本を勘違いした』神風シリーズが開始します。
今回も秋M3と連動アルバムになります。秋M3神風九十九式です。
今までの流れ(キャッチーな歌物ハードコア)を含みつつ
新たに挑戦したジャンルも収録しています。

さてタイトルに記載してある通り先行
でHappy POP Hardcore 神風零式とREQUIEM FOR A PARTYから
各4曲(合計8曲)をK-Shoot MANIA用に譜面を有志の方々に制作して頂きました。
そちらも4/8(土)頃に当blog(後日、特設サイトからも)から配信いたします。
かなり変態的な譜面もあるので楽しみにしていてください!

なお視聴XFDも同時公開予定です。
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 MUZZicianz Records all rights reserved.
FC2カウンター

プロフィール

MUZZicianz

Author:MUZZicianz
MUZZicianz Records
DTM(作曲等)
クラブイベント
に関する情報をお届けします!

当サークルは
Hardcore、House、EDM
V.G.M(レトロゲーム音楽)二次創作
を制作している同人音楽サークルです。

当サークルで扱っております
二次創作物は基本的に題材
となります各企業様および
関連会社様の公認作品では
ございません。
すべてサークル個人による
非公式の二次創作物となります。
ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

また当サークル頒布CDが
正常に再生されない場合は
お手数ですが下記アドレスへ
連絡お願い致します。
当方より再生可能なCDをお送り致します。

*コンタクト
t4k4h1r0@gmail.com


*Twitter

*SoundCloud

最新記事
検索フォーム

カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント

QRコード

QR

リンク